日本語 / 中文(简体字) / 中文(繁體字) / 英語

NST 株式会社エヌ・エス・ティ CAE・有限要素法解析をとおして貴社を支援します

製品情報/CAE・有限要素法解析をとおして貴社を支援します

トップ > 製品情報 > F-MAG(製品概要) > 製品詳細

F-MAG/磁界解析プログラム

  • 製品概要
  • 製品詳細
  • 動作環境
  • 資料請求/NSTの製品に関する資料をお届けします。
  • お問い合わせ/ご質問やご相談等を承ります。

製品詳細

各種CADデータの利用

各種CADデータを利用することができます。

物性定義

下記の物性を定義することができます。

  • 比透磁率
  • 等方性線形
  • 等方性非線形(B-H/B-M)
  • 等方性非線形(温度依存性)
  • 異方性線形
  • 異方性非線形
  • 電気伝導率
  • 等方性線形
  • 等方性非線形(温度依存性)
  • 異方性線形
  • 異方性非線形(温度依存性)

渦電流計算用表皮層の自動作成

 動磁場/動磁界では導体の表面に渦電流が発生します。渦電流は、導体の極めて薄い表皮層に発生しますので、渦電流量を正確に計算するためには、解析モデルの導体部分の表面に、この薄い表皮層を作成する必要があります。この表皮層の厚さを、計算ダイアログで簡単に計算することができます。
そして、この計算結果を基に必要な表皮層の厚さを設定し、簡単に作成することができます。

その他の機能概要

  • スライドインターフェイスにより互いに運動する物体を解析できます。
  • 平行移動、回転移動で、(反)周期境界条件を設定することができます。
  • 入力条件として、コイルに電流、電圧、電流密度、磁石に磁化を設定できます。
  • 外部回路を定義し、外部回路を含む解析を行うことができます。
  • 閉曲線を指定することにより、その中を通過する磁束を計算できます。
  • 電磁力をマックスウェルの応力、ロ-レンツ力、節点力法で計算します。
  • 回転モーターのトルク、リニアモーターの駆動力などを計算できます。
  • 2次側コイルに誘起される電圧を計算できます。
  • 磁気エネルギーを計算できます。
  • コイルの自己および相互インダクタンスを計算できます。
  • トランスの2次側コイルの電流値を計算できます。
  • リスタート機能により、1つの解析を数ステップごとに計算できます。
  • 複数のデータファイルを読み込んで連続的に計算を実行できます。
  • 解析結果として、磁束密度分布、渦電流密度分布、発熱密度分布、電磁力などが得られます。

ページトップへ