CAE・有限要素法解析をとおして貴社を支援します

login

お客様事例

  • トップ
  • お客様事例
  • 東京大学 生産技術研究所革新的シミュレーション研究センター 吉川様

東京大学 生産技術研究所革新的シミュレーション研究センター 吉川様

お客様の業務を教えてください。

マルチスケール固体材料の研究です。

お使いの弊社製品および使用年月を教えてください。

Femap v8.2を約4年、Femap v10.2を約6カ月使用しています。

お使いの弊社製品はどのようにご活用いただいていますか。

過去に、恐竜の進化解明への計算力学の適用で使用しました。現在、「イノベーション基盤シミュレーションソフトウェアの研究開発」という文部科学省のプロジェクトにて公開中のソフトウェア群の一部である、複合材料強度信頼性評価シミュレーターFrontCOMPを作成しており、当ソフトウェアのプリプロセッサーとして使用させていただいています。

弊社製品で使い勝手がよいと感じた点を教えてください。

メッシュを多くの著名な汎用有限要素法ソフトウェアのフォーマットで出力できるため、開発中のソフトウェアのフォーマットへの変換作業の効率がよいです。

弊社または弊社製品に対してご要望等あればお聞かせください。

独自の有限要素法のソフトウェア専用のフォーマットをFemapから直接出力可能なようにすることは、おそらく可能でしょう。カスタマイズ機能を使用できるようになるためには、おそらくマニュアルをしっかり読み込まないと使いこなせないのではないかと思います。マニュアルをほとんど読まずに、平易に、独自ソフトウェアのフォーマットへの構築、出力が可能になる方式を開発していただければ、出力後の変換作業が省略化され、効率的な解析作業が維持できます。

ご回答いただきまして、ありがとうございました。
ご要望につきましては検討させていただき、製品の機能およびサービス向上に努めてまいります。
今後とも何卒よろしくお願いいたします。