CAE・有限要素法解析をとおして貴社を支援します

login

Femap Thermal:容器内のふく射熱伝達解析

キーワード) 容器内輻射 熱輻射 Hemicube法 形態係数(ビューファクタ)

事例概要

本解析例では、複数のふく射領域で構成されている容器内ふく射熱伝達解析を行いました。
本例において、ふく射領域は、熱源、受熱面、内壁からなる容器内部、内壁と外壁の間、外壁から環境の3つの領域から構成されています。
形態係数の算出は、要素面対要素面の総当りでの計算になるため、マトリクス規模が大きくなり処理に時間がかかることが知られています。
Femap Thermalでは、OpenGLを利用したHemicube法を用いることで時間のかかる形態係数計算を高速に処理することができます。また、熱解析専用のインターフェイスで、複数のエンクロージャがあるようなモデルでも簡単にふく射の設定を行うことができます。

]

複数のふく射領域に分けられるような容器内ふく射でも、高速に形態係数を計算し、構造物全体の温度分布を計算することができます。