GLview Inova

汎用ポストプロセッサ

GLview Inova 製品概要

GLview Inovaは、高速で多彩なビジュアライゼーション機能を持つ、優れたポストプロセッサです。64bit Windowsにも対応し、大規模なモデルや複雑な解析結果をすばやく表示します。

GLview Inovaの特徴

  • 大規模モデルに対して高速なポスト処理
  • 構造・流体ソフトとの豊富なインターフェイス
    ABAQUS、ANSYS、LS-DYNA、Femap、I-DEAS、MSC.Marc、MSC.Nastran、NX Nastran、FLUENTなど
  • 多彩なポスト処理機能
    ウォークスルー、シンクロ表示、スーパーインポーズ、変形の相対表示、距離や角度の計測、3D立体視(オプション) など
  • 光源や質感の設定によるリアルな表示
  • 無償提供・再配布可能な3次元ビューアー
    どこでも、だれでも、簡単に解析データを可視化
    i-PAD、i-Phoneでも閲覧可能

GLview Inova 製品詳細

モデリング機能

<解析結果の表示>

変形図、等高線図、断面表示、等値面表示、流線表示などが可能です。また、断面上の結果値を数値で表示することもできます。

  • 流線表示

  • 等値面表示

  • 断面表示

  • 断面表示上の結果値表示

<スーパーインポーズ>

複数の解析結果を1つの画面に重ね合わせて表示できます。
構造解析と流体解析の解析結果の重ね合わせ表示に便利な機能です。

解析結果の重ね合わせ(構造と流体)

<アニメーション表示>

時系列、振動、流線アニメーションが可能です。
アニメーション実行中にモデルの操作(移動、回転、拡大/縮小)ができます。
大規模モデルでもスムーズなアニメーションです。

<複数モデルのシンクロ表示>

複数の解析モデルの操作(移動、回転、拡大/縮小)を同期することが可能です。解析結果の比較に便利な機能です。

<2Dプロット(X-Yグラフ)作成>

時刻歴プロット、クロスプロット、長さプロット(横軸が相対長さ)などを作成できます。 複数グラフの重ね合わせ表示も可能です。

X-Yグラフ(長さプロット表示)

<モデルの表示/非表示>

プロパティ別およびユーザー選択によるモデルの表示/非表示ができます。

<距離や角度の動的計測>

アニメーションと連動し、距離や角度を動的に計測できます。

<ウォークスルー>

解析モデル内部のウォークスルー(視点を移動しながらの表示)が可能です。

<立体視機能>(オプション)

クアッド・バッファド・ステレオ方式による3次元立体視に対応しています。
※この方式に対応したハードウェアが必要です。詳細はNVIDIA社のホームページをご覧ください。

モニタ: Samsung SyncMaster 2233RZ
(PCとデュアルリンクケーブル接続)
グラフィックカード: NVIDIA Quadro 600
3Dメガネ: NVIDIA 3D Vision キット
OS: Windows 7 Professional 64bit

解析機能

1.プロジェクト・ワークスペース

解析結果やモデルの表示方法などを選択・管理します。

2.オブジェクトのプロパティ

解析結果やモデルを表示するためのパラメータを設定します。

3.グラフィックビューポート

解析結果やモデルを表示します。最大4画面まで表示可能です。

4.コマンド&メッセージ

実行コマンドやアプリケーションからの情報を表示します。また、テキスト入力でコマンドを実行することも可能です。

5.選択

単一または複数のエンティティ(節点、要素など)を選択し、要素番号や要素タイプ、解析結果の値を表示します。

GLview Express と 3D Plugin

  • GLview Expressは無償配布の3Dビューア・アプリケーションです。GLview Express単独で3D表示が可能です。
  • GLview 3D Pluginは無償配布の3Dビューア・プラグインです。MS Internet ExplorerとMS PowerPoint上で3D表示を実現します。
  • これらはGLview Inovaに同梱されていますが、こちらからもダウンロードできます。

iPad/iPhone版 GLview Express

  • iTunesにあるApp Storeから無償で入手できるアプリです。
  • GLview Inovaでポスト処理した結果をiPadやiPhone上で表示することができます。

レポート作成支援ツールGLview Report Builder

  • GLview Inovaと連携し、レポートに掲載するデータ(3Dデータ、画像、表)を直接取り込めます。また、jpegなどの画像ファイルや3Dデータ(vtfx)を取り込むこともできます。
  • レポート作成での繰り返し作業(図の切り貼りなど)を自動化でき、時間の節約になります。
  • レポートのレイアウトを柔軟に設定でき、MicroSoft WordやPowerPointに出力できます。
  • Report Builder SDK(開発キット)を使えば、他のポストプロセッサとの連携も可能です。

GLview Inova 動作環境

プラットフォーム Windows 7/8/10 (64-bit版)
メモリ 2GB以上を推奨
ハードディスク 空き容量1GB以上を推奨
グラフィックカード OpenGL対応のグラフィックカードを強く推奨

GLview Inova 製品構成

基本構成

  • GLview InovaおよびGLview Report Builder
  • GLview Express(無償提供、再配布可能)
  • GLview 3D Plugin(無償提供、再配布可能)

オプション機能

3次元立体視機能

  • ・クアッド・バッファド方式により、解析結果の3次元立体視が可能です。
  • ・3次元立体視表示に対応するシステム(NVIDIA 3D Visionワイヤレスメガネキット、NVIDIA Quadroグラフィックスカード、およびNVIDIA 3D Visionに対応しているディスプレイやプロジェクタ)が別途必要です。

その他のGLview製品

iPad/iPhone版GLview Express (無償提供)

  • ・GLview Inovaでポスト処理した結果をiPadやiPhone上で表示することができます。
  • ・iTunesにあるApp Storeから無償で入手できます。

GLview Express Writer (開発者向け)

  • ・任意の有限要素解析ソルバーからの解析結果をGLview ExpressやGLview 3D Plugin用のファイル(暗号化VTF形式)で出力するためのツー ルキットです。
  • ・GLview Express WriterはC++ライブラリで提供され、CやFortranからも利用可能です。

ダウンロード

GLview Inova評価版

GLview Inovaの評価版は開発元(シートロン社)のHPにおきまして、ユーザー登録後にダウンロードが可能です。
GLview Inovaの評価版は製品評価お申込みフォームよりお手続きください。
製品評価お申込み手順はこちら

GLview 3D Plugin、GLview Express

下記のファイルをクリックしていただくと、無償配布のGLview 3D Pluginと GLview Expressをダウンロードできます。

GLview 3D Plugin、GLview Expressのモデル操作方法

グラフィックウィンドウ内で、マウスによる下記の操作を行えます。

  • ・左ボタンクリックしながらドラッグ:平行移動
  • ・右ボタンクリックしながらドラッグ:回転
  • ・中ボタンクリックしながら上下にドラッグ、またはスクロールホイール:拡大/縮小