CAE・有限要素法解析をとおして貴社を支援します

login

製品情報

F-MAG 製品概要

F-MAG は、入門レベルから高度な解析まで簡単にできる本格的な高機能磁場/磁界解析ソフトウェアです。

幅広い解析ニーズに対応

初心者から高度な解析が必要な方まで、磁場/磁界解析に必要な幅広い解析ニーズに対応しています。 CAD データの読み込みからモデルの作成、解析実行、ポスト処理まで、 マウス操作と最小限の入力作業で、高度な磁場/磁界解析が簡単にでき ます。

F-MAGの特長

・有限要素法による静解析、過渡応答解析、周波数応答解析ができます。

・3次元および2次元および軸対称モデルに対応しています。

・エッジエレメント法とICCG法の併用で画期的な高速化を実現しています。

・解析手順に沿ってタブが構成され、初めての方でも簡単に解析できます。

・ステップごとの設定状態はすべて表示され、ブラックボックス化による不安はありません。

・操作手順の軽減化と共に、解析結果の精度もコントロールできます。

・汎用プリ・ポストプロセッサFemap上に磁界解析環境を構築していますので、Femap の持つ豊富なプリ・ポスト機能により、解析の作業効率がアップします。

・Femap with NX NastranあるいはFemap Thermal で、構造、熱伝導、 熱応力解析等の複雑な連成解析が簡単にできます。

ページTOP↑

F-MAG 製品詳細

各種CADデータの利用

各種CADデータを利用することができます。

物性定義

下記の物性を定義することができます。

  • 比透磁率
  • 等方性線形
  • 等方性非線形(B-H/B-M)
  • 等方性非線形(温度依存性)
  • 異方性線形
  • 異方性非線形
  • 電気伝導率
  • 等方性線形
  • 等方性非線形(温度依存性)
  • 異方性線形
  • 異方性非線形(温度依存性)
渦電流計算用表皮層の自動作成

動磁場/動磁界では導体の表面に渦電流が発生します。渦電流は、導体の極めて薄い表皮層に発生しますので、渦電流量を正確に計算するためには、解析モデルの導体部分の表面に、この薄い表皮層を作成する必要があります。この表皮層の厚さを、計算ダイアログで簡単に計算することができます。
そして、この計算結果を基に必要な表皮層の厚さを設定し、簡単に作成することができます。

その他の機能概要
  • スライドインターフェイスにより互いに運動する物体を解析できます。
  • 平行移動、回転移動で、(反)周期境界条件を設定することができます。
  • 入力条件として、コイルに電流、電圧、電流密度、磁石に磁化を設定できます。
  • 外部回路を定義し、外部回路を含む解析を行うことができます。
  • 閉曲線を指定することにより、その中を通過する磁束を計算できます。
  • 電磁力をマックスウェルの応力、ロ-レンツ力、節点力法で計算します。
  • 回転モーターのトルク、リニアモーターの駆動力などを計算できます。
  • 2次側コイルに誘起される電圧を計算できます。
  • 磁気エネルギーを計算できます。
  • コイルの自己および相互インダクタンスを計算できます。
  • トランスの2次側コイルの電流値を計算できます。
  • リスタート機能により、1つの解析を数ステップごとに計算できます。
  • 複数のデータファイルを読み込んで連続的に計算を実行できます。
  • 解析結果として、磁束密度分布、渦電流密度分布、発熱密度分布、電磁力などが得られます。
ページTOP↑

動作環境は次のとおりです。

オペレーティング
システム
32bit環境 64bit環境
Windows 2000 Professional
Windows XP Professional/Home Edition
Windows 7
Windows XP Professional x64 Edition
Windows 7
CPU Intel x86系および互換、AMD 64(x86-64)、Intel 64(EM64T)準拠CPU
(Intel Pentium 4/D、Xeon、Core2、Core i7、AMD Athlon、Opteron、Phenom、他)
メモリ 推奨1GB以上
ハードディスク ハードディスク空き領域40GB以上を推奨
グラフィックス
カード
OpenGL対応グラフィックス アクセラレータ(推奨)
その他 スタンドアローン版:USBポート
ページTOP↑