CAE・有限要素法解析をとおして貴社を支援します

login

製品情報

F-WELD 製品概要

F-WELDはアーク溶接後の残留応力を高速に計算するソルバー専用のプリポスト

溶接時、入熱局部はトーチからの熱で融解および周囲が膨張後、冷却に伴う収縮とともに塑性ひずみが生じたまま凝固します。これにより、部材内部に応力が残留してしまい、耐久性や寿命に悪影響を及ぼします。

F-WELDは、大規模モデルに対して超高速にアーク溶接による残留応力を計算できる「理想化陽解法FEM(IEFEM)ソルバー※1」専用のプリポストプロセッサで、アーク溶接モデルの作成や設定、解析結果の表示を直感的に操作することができます。また解析結果ファイルをバイナリとして出力させて読込むので、解析後即時読込み・ポスト処理が可能です。

F-WELDをお使いいただくことで、理想化陽解法FEMソルバーで短縮した時間をプリポスト操作で損なうことなく、モデル作成から解析結果確認までを実行できるというメリットがあります。

※1 理想化陽解法FEM(IEFEM)ソルバーとは
大阪府立大学 柴原研究室が開発した、大規模構造物の溶接変形・残留応力の解析が可能な手法を用いたソルバーです。
GPGPUを活用することにより解析の超高速化にも成功しています。

F-WELD 製品詳細

F-WELDはアーク溶接モデルの作成・ソルバー起動・結果表示ツール

F-WELDが持つ機能は以下の通りです。全てF-WELD内の操作で実行可能です。

  • 各種3DCADデータフォーマットに対応※2
  • 母材等のメッシュ生成
  • 作成困難、手間のかかるビードの簡単メッシュ生成
  • 入熱パスの自動設定
  • IEFEMソルバー用各種条件設定フォーム
  • IEFEMソルバーの実行(ネットワーク起動も可能)
  • 解析結果ファイルの軽量化および即時読込み
  • 解析アニメーションやグラフの表示
  • その他溶接モデル作成に役立つ機能

作成が難しいメッシュ例

手間のかかるメッシュ例

実写画像をトレース

ビードモデリング機能

解析結果のアニメーション化

プロパティデータ入力

作業ウィンドウ上でノード選択

入熱パス自動設定

※2 対応する3DCADフォーマットは以下の通りです。

<対応3DCADフォーマット一覧>

フォーマット拡張子
ACIS*.sat
Parasolid*.x_t
IGES*.igs
StereoLithography*.stl
AutoCAD DXF*.dxf
STEP*.stp
Catia v4.x*.mdl, *.exp, *.dlv
Catia v5*.catp
Pro/E*.prt, *.asm
Solid Edge*.par, *.psm, *.pwd, *.asm
NX*.prt
SolidWorks*.sldprt, *.sldasm
JT*.jt

パイプ周りの溶接

タンデムアーク溶接

F-WELD 前提条件

F-WELDは超高スペックPC要らず

理想化陽解法FEMソルバーは、CUDA環境で開発したGPU(グラフィック演算ユニット)を利用した超高速計算プログラムであり、ソルバーを起動・計算させるにはNVIDIA社製のGPU※3を搭載したPCが必要です。

ただし、F-WELDはネットワークを通じて理想化陽解法FEMソルバーをリモートで実行させる機能がありますので、NVIDIA製GPUを搭載したサーバPCにソルバーを置き、NVIDIA製GPUを搭載していないクライアントPCにF-WELDをインストールしてお使いいただくことができます。

F-WELD対応環境
OSWindows7以上の64bit
CPUIntel x86互換64bit CPU (Intel 64, AMD 64)
メモリ8GB 以上 (推奨 16GB以上)
ハードディスクソフトウェア使用時100GB以上の空き
グラフィックOpenGL 対応 ※推奨 ワークステーション向け OpenGL 4.2以上
理想化陽解法ソルバー動作環境
※理想化陽解法FEM(IEFEM)ソルバーの動作環境に従ってください。
参考に弊社で確認した環境を以下に示します。
OSWindows7, 10
CPUIntel Core i7 6800K, Intel Xeon E5-2609 v2
メモリ64GB
ハードディスク1TB
GPUNVIDIA GeForce1080Ti, NVIDIA Quadro K4000
CUDACUDA8.0, CUDA9.0

※3 現行ver.の理想化陽解法FEMソルバーはCUDA9.0もしくは10.0が必要ですので、CUDA9.0か10.0に対応したGPUをご用意いただく必要があります。 CUDAに対応したGPUは以下からお調べいただくことができます。

CUDA対応GPU一覧: https://developer.nvidia.com/cuda-gpus