CAE・有限要素法解析をとおして貴社を支援します

login

製品情報

Femap Flow 製品概要

Femap Flowは、Femapで利用できる、有限体積法を用いた3次元数値流体解析プログラムです。

Femapとシームレスに結合

軽快で操作性にすぐれたプリ・ポストプロセッサFemapとシームレスに結合し、CADデータからの解析モデル作成、解析条件の設定、解析、ポスト処理の一連の解析作業をストレスなく行なうことができます。

Femap Flowは、Navier-Stokes方程式の数値解法による定常/非定常状態の流速・温度・圧力を求めることができます。また、Femap Flowは、リーズナブルな価格ながら、層流/乱流、非圧縮/音速レベルの圧縮流体、自然対流/強制対流、ニュートン流体/非ニュートン流体と多くの解析機能を取り揃えています。

Femap Flowは単体でご利用いただくことも、Femap Thermal、Advanced Thermalと組み合わせてご利用いただくこともできます。Femap Thermal、Advanced Thermalと組み合わせると、熱と流体を連成させた熱流体解析が可能になり、より幅広い分野でご利用いただけます。

製品オプション

Femap FlowとFemap Thermal製品を組み合わせることで、次のような機能をお使いいただけます。

製品オプション Flow Flow+Thermal Flow+Advanced Thermal
定常/非定常流れ
流体計算による自然対流
熱解析と流体解析の連成
伝熱工学計算による自然対流
輻射・熱伝達等の熱荷重境界条件
フローネットワークとの連成

○:機能を搭載
◎:より高度な機能をご利用いただけます
-:機能は使用できません

ページTOP↑

Femap Flow 製品詳細

Flowでお使いいただける機能は次のとおりです:

●定常と過渡解析が可能です。

●音速(マッハ4まで)までの液相、気相の流体に関して、粘性と圧縮性を考慮した解析が可能です。

●ニュートン流体と非ニュートン流体のモデル化が可能です。

●乱流、層流をモデル化できます。乱流モデルとして、FTVモデル、Mixing Lengthモデル、k-εモデルが利用できます。

●流体の浮力を考慮し、自然対流のみでもあるいは強制対流と同時にでも解析できます。

●対称面、並進/回転境界面をモデル化できます。

●複数の回転基準系(Rotating Frame of Reference)での解析を行なうことができます。

●並進/回転に関する周期境界面をモデル化できます。

●ファン/ベントの平行流れ、回転流れ、ルーバ効果をモデル化できます。圧力損失も考慮することができます。

●ファンは流路中でも、境界面でも定義することができます。ファンの性能曲線も定義可能です。

●圧力損失を考慮したスクリーン、フィルタをモデル化することができます。また、等方性/異方性の多孔質体をモデル化することもできます。

●独立した複数の領域を取り扱うことができ、それぞれの領域に異なる流体特性を定義することが可能です。

●水蒸気の動きや、分散体などの流体中の動きをモデル化することができます。

●アセンブリモデルなどで、流体メッシュが一致していなくても、境界面が同一面上にあれば1つの領域として、接続することが可能です。

●出力したい結果を選択することができ、出力された結果は、Femapでポスト処理することができます。

連成解析機能

Femap Thermal/Advanced Thermalと組み合わせることで、3次元の熱流体解析を行なうことができ、自然対流、強制対流の中に置かれた構造物からの熱の移動、流体の運動をモデル化することができます。

電気・電子機器の冷却や放熱、熱交換器の解析などのモデル化を行なうことができます。

Femap Flow 動作環境

Femap Flow製品をご利用になるにはFemapが必要になります。推奨の動作環境は次のとおりです。

オペレーティング
システム
スタンドアローン版 ・Windows XP Professional またはHome Edition(SP3以降)
・Windows XP Professional x64 Edition
・Windows Vista(32bit、64bit)
・Windows 7(32bit、64bit)
ネットワーク版
クライアント、ライセンスサーバー
・Windows XP Professional またはHome Edition(SP3以降)
・Windows XP Professional x64 Edition
・Windows Vista(32bit、64bit)
・Windows 7(32bit、64bit)
・Windows Server 2003, 2008
CPU Intel x86系および互換、AMD 64(x86-64)、Intel 64(EM64T)準拠CPU
(Intel Pentium 4/D、Xeon、Core2、Core i7、AMD Athlon、Opteron、Phenom、他)
※Femapは、マルチCPU(マルチコア、ハイパースレッディング)環境であっても、1ユニット分のパワーのみを使用します。
メモリ 512MB(推奨2G以上)
※搭載メモリ量の決定に際してWindows自身が消費するメモリ量を考慮してください。
Windowsバージョンによって消費メモリ量が異なります。また、Femapで扱うモデル規模、解析規模も考慮してください。
ハードディスク 最小セットアップ 400MB
Femapを含めた必要サイズ 最小2GB~最大3.3GB
ソフトウェア使用時の空き容量300MB以上を推奨
グラフィックス
カード
OpenGL対応グラフィックス アクセラレータ(推奨)
その他 スタンドアローン版 USBポート
ネットワーク版 ライセンスサーバー    ネットワークカード
クライアント        ネットワークカード

※詳細はお問い合わせ下さい。

ページTOP↑