CAE・有限要素法解析をとおして貴社を支援します

login

製品情報

Solid Edge 製品概要

Solid Edge with Synchronous Technology(シンクロナス・テクノロジ)は、優れたモデリング、製図、データ管理、有限要素解析の機能を搭載した2D/3D CADシステムです。

Solid Edge with Synchronous Technologyは、シンクロナス・テクノロジという革新的技術で、ノンヒストリ・モデリングのスピードと柔軟性、および履歴ベースモデリング(フィーチャー・パラメトリック・モデリング)の優れた形状制御性を高い次元で融合しています。

Solid Edge 製品詳細

超高速モデリング

シンクロナス・テクノロジによりフィーチャの作成順序は後の編集に全く影響を与えないので、事前準備の必要がなく、直感的に自由にモデリングを進めることができます。
結果として作業スピードが飛躍的に向上し、業界最高のCPM(モデル単価)を実現しています。
また、形状モデリング・カーネルにSiemensのParasolidを採用していることも、超高速モデリングを可能にしている一因となっています。

超高速モデリング

フィーチャ間の関係を気にすることなく、誰が作成したモデルでも、対象部位だけを簡単に編集することができ、かつフィーチャの再計算を必要としないので、設計変更や繰り返し検討の超高速作業が可能です。

「ライブ・ルール」により編集対象と形状間の幾何関係(同一面上、接線接続、同心、水平・垂直、対称など)がある部分がその都度自動認識され、関係を保ったまま変更が簡単に行えます。

「ライブ断面」により、部品内部の複雑な形状を簡単に把握できます。 しかも、その断面を編集することが可能で、そのまま再計算無しにソリッドに反映されるので、穴同士のクリアランスを確認しながら編集することもできます。

このように、直感的に簡単に形状を変更することができますが、寸法を正確に設定する必要がある場合は、3D駆動寸法をモデルに後付けし、そこから形状を正確に制御することができます。また、幾何拘束もモデルに直接追加・保存することができるので、設計意図を正確に反映することができます。

外部CADデータも高速編集

外部CADデータも一度取り込んでしまえば、ネイティブ・データと同様に高速編集することができます。

Femapとの連携

先進の有限要素法プリポストプロセッサFemapと有効に連携させ、品質の高いメッシュを効率的に作成することができるので、解析業務の生産性向上を図ることができます。

主な標準機能
Sheet Metal(板金設計)

板金設計を行うためのシートメタル・モデリング環境にもシンクロナス・テクノロジが適用され、直感的な形状作成、迅速な編集で、一歩進んだ板金設計が実現できます。

Frame Design(フレーム設計)

スケッチで構成された経路に沿った構造フレームが、標準部品ライブラリやコンポーネントから選択した断面で簡単に作成することができます。

Simply Motion(動作シミュレーション)

アセンブリの拘束条件から直接可動パーツとモーションジョイントを作成し、動作シミュレーションを行うことで、動作状態のアニメーションを作成したり、干渉をチェックすることができます。

Standard Parts(標準部品)

設計者が頻繁に使う部品(締結部品、ベアリング、構造用鋼部材、パイプ、継手など)を定義、格納、選択して配置できる強力な部品管理システムです。

Solid Edge 製品詳細
オプションモジュール

Solid Edge Simulation

高い実績を誇るFemapの有限要素モデリング技術と業界標準のNX Nastranソルバーを組み合わせ、誰でも利用できる簡単さと、ほとんどの解析ニーズに対応する堅牢性を兼ね備えた有限要素解析ツールです。

設計エンジニアのためのツール

設計者が簡単にシミュレーションを行えるように、UIが解析プロセスを通してユーザをガイドする設計されており、その場ですぐにアクセスできるヘルプ機能が搭載されています。

解析機能
  • 線形静解析
  • 静的荷重に対する構造物の変位・応力の計算
  • 線形接触、固着(接着)結合、ボルト結合をサポート
  • モーダル(実固有値)解析
  • 固有振動数とモード形状の計算
  • 完全非拘束や不完全拘束に対応、モード数/周波数範囲の指定が可能
  • 線形座屈解析
  • 座屈係数(荷重)、座屈モード形状の計算
  • 接触、固着結合はサポートしていない
メッシュモデル
  • 利用可能メッシュタイプ
  • ビーム要素
  • シェル要素(1次のみ)
  • テトラ要素(1次/2次)
  • メッシュサイズ定義
  • スライダで簡単定義、各ジオメトリに対する個別定義も可能
  • メッシュ生成
  • 自動メッシュ生成
境界条件
  • 荷重条件
  • 力、圧力、トルク、重力、遠心力、温度、変位、軸受、モーメント
  • 拘束条件
  • 固定、ピン固定、回転なし、面に沿ったすべり、円筒、ユーザ定義
解析結果表示(ポスト処理)
  • コンター図・変形図表示
  • 応力分布や変形形状を確認できる。未変形(元形状)モデルの重ね合わせも可能。
  • プローブ・ツール
  • モデル内の各節点の解析値、相対変位、位置などを表示
  • 最大/最小ストレス・マーカーやコールアウト・ボックスを装備
  • レポート作成
  • Webページ(.html)形式、Word形式などでレポートを自動作成

Solid Edge 製品詳細
その他オプションモジュール

Xpres Route

パイプやチューブを迅速にモデリングして配置することができる配管システム設計用モジュール

Wire Harness Design

ワイヤーやケーブル、バンドルを効率的に作成、ルーティング、構成できるハーネス設計用モジュール

Web Publisher

Solid Edgeの3Dモデルとそれに関連したデータをWebページに展開することができるソフトウェア・モジュール

Mold Tooling and Electrode Design

プラスティック金型設計支援ツールおよび電極設計支援ツール

Machine Library

締結部品、ベアリング、ピンなど数千の部品を含むライブラリ
下記Piping Libraryと同様にStandard Partsの追加ライブラリとして機能します。

Piping Library

エルボー、ベンド、リターン、Y字管、T字管、レデューサなどの標準的な管継手が豊富で、同様にフランジ、ユニオン、 シールなどの基本的な部品も数多く含んだライブラリ

CATIA V4/V5 Translator

Solid EdgeでCATIA V4およびV5のデータの読み込み、書き出しを可能にするトランスレータ

Solid Edge 動作環境

Solid Edge ST4のシステム要件 オペレーティング・システムの要件

Solid Edgeの最新バージョンは、以下の環境で動作することが保証されています。

  • Windows 7 Enterprise、Ultimate または Professional (32ビットまたは64ビット) Service Pack 1
  • Windows Vista Business または Vista Enterprise (32ビットまたは64ビット) Service pack 2
  • Internet Explorer 9 (IE 6.0以上)

MicrosoftがOSのメインストリーム・サポートを終了した場合、そのOSに対するSolid Edgeの対応保証も終了します。MicrosoftはWindows XPのメインストリーム・サポートを2009年4月に終了しています。Solid Edge ST4はWindows XPにインストールできますが、今後、Windows XPに固有の問題には対処しないか、XP専用の修正プログラムを提供いたしません。次期バージョンのSolid Edge ST5ではWindows XPへのインストールはできなくなります。

ハードウェアシステムの要件

Solid EdgeはIntel Pentium 4またはAMD Athlon 64 よりも前のプロセッサはサポートしていません。(SSE2が必須です。)また、Intel Itaniumもサポートしておりません。

推奨構成
OS Windows 7
CPU 64ビット(x64)プロセッサ
メモリ 2GB以上
グラフィック 解像度:1280 X 1024(ワイドスクリーンフォーマット)
True Color(32ビット)または1,600万色(24ビット)
最小構成
OS 上記OSのいずれか
CPU 32ビット(x86)または64ビット(x64)プロセッサ
メモリ 1GB以上
グラフィック 解像度:1024 X 768
65,000色