弊社ユーザー様では、レーザー焼入れにおける非定常の熱伝導解析にて、荷重条件となる熱流束の設定に非常に多くの工数を要していました。このため業務効率化を図るべく弊社では熱流束を設定するプログラムを開発致しました。そこで今回のセミナーでは、非線形モジュールAdvance Nonlinearを利用した弾塑性解析の本事例を御紹介します。