接触の模擬にはコンタクト、ギャップ要素などを使用しますが、理解した上で使いこなせているでしょうか?
本セミナーではコンタクトやギャップ要素についての機能や使用法についてご紹介します。