有限要素モデルを6面体で作成するには多くの工数や経験が必要であるのはご存じだと思います。本セミナーではモデルの一部のみを6面体で作成し、それ以外を4(5)面体メッシュとなるメッシュの作成手法について具体例を用いて、説明します。