有限要素法(FEM)を日常的な設計ツールとして使用されている方は多いと思いますが、FEMモデル、特に解析結果に大きく影響するメッシュ分割について、自信を持って信頼性があると言える方は少ないのではないでしょうか。

簡単にメッシュ分割の妥当性を評価する手法があれば良いと考えたことはありませんか。あまり知られていないようですが、Femapには、「誤差評価」という機能が搭載されており、メッシュ分割の妥当性を判断する目安として利用できます。

本セミナーでは、この「誤差評価」について、考え方や操作方法をご紹介いたします。