CAE・有限要素法解析をとおして貴社を支援します

login

製品情報

F-Bridge 製品概要

-現在開発中-

現在、欧米を中心に世界の建設業界では、実際の建物や構造物をコンピュータ上で再現した詳細な3Dモデルを用いて、建物の設計から施工・維持管理までを行うBIM(Building Information Modeling)という手法が活用されています。このBIMの活用のため、IFC(Industry Foundation Classes)などのデータ連携フォーマットの策定・普及が世界規模で進んでいます。日本においては、通り芯などの日本独自の表現に対応した国内標準フォーマットST-Bridgeの策定・普及が進められています。

弊社では、BIMの国際標準フォーマットであるIFCへの対応を軸として、BIMとFEMのシームレスなデータ連携を実現するソフトウェアの開発を進めています。

F-Bridge』は、当社がこれまでFemapの販売・技術サポートで蓄積したノウハウを活かして開発を進めている、BIMとFEMの間を橋渡しする製品です。コンピュータ上で作成した建物や構造物の3Dモデル(BIMモデル)を、国際標準のBIMデータ変換フォーマット「IFC」、または日本国内のBIM標準データ変換フォーマット「ST-Bridge」を介して、解析モデルへ高速に変換することができます。

F-Bridgeの特長

BIM標準フォーマットIFCやST-Bridgeに対応

F-Bridgeは、国際標準のIFC国内標準のST-Bridgeという2種類のBIM標準フォーマットのデータ変換に対応しています。BIMモデルと解析モデルの間のデータ交換に中間ファイルとしてIFCやST-Bridgeを経由することで、特定のBIMソフトウェアに依存せずにBIMモデルを解析モデルに変換できます。

BIMモデルを解析モデルへ高速に変換

F-Bridgeは、IFC ConverterとSTB Converterの2つのアプリケーションにより、IFCファイルやST-Bridgeファイルを高速に変換することができるので、BIMモデルを短時間で構造解析ソフトに渡すことができます。

構造解析ソフトウェアとのデータ連携

F-Bridgeは、作成したBIMモデルをプラント・建設業界で実績のある3D構造解析・設計ソフトウェアSTAAD.Proや、自社ソルバーなどの構造解析ソフトウェアとシームレスにデータ連携させることができます。

F-BridgeによるBIMモデルと解析モデルのデータ連携

注意:

Revitは、AUTODESKまたはその直接的・間接的な完全所有子会社の登録商標、未登録商標、またはサービスマークです。
STAAD.Proは、Bentley Systems, Incorporatedまたはその直接的・間接的な完全所有子会社の登録商標、未登録商標、またはサービスマークです。また、株式会社エヌ・エス・ティは、STAAD.Proの正規ユーザーです。

※ 詳細はお問い合わせください。

お問い合わせ