イベント・セミナー
Event / Seminar

WEBセミナー(ライブ)

ビーム断面のコンタ表示って意外と簡単
Femapでポスト処理する方
詳細・申込
FemapAPIを初体験! ~Femap操作の自動化の第一歩~
FemapAPIについて知りたい方, Femapの操作の自動化に興味がある方
詳細・申込

無料セミナー一覧

有限要素解析 入門セミナー
有限要素法とは何かというところからはじめます。
詳細・申込
Femap体験セミナー
Femapを実際に操作したい方対象
詳細・申込

講習会

Femap 初級講習会
Femapを使用していく上で必要となる情報を説明
詳細・申込
Femap 中級講習会
Femap初級講習会を受講した方、または同等の知識を有する方
詳細・申込
Femap プログラミング基礎講習会
Femap APIの知識やExcel VBAの操作方法の説明
詳細・申込
Femap プログラミング応用講習会
プロパティ、メソッド、セットの使用方法の説明
詳細・申込
有限要素解析基礎講習会
線形静解析・固有振動解析を中心に解説
詳細・申込
有限要素動解析講習会
固有値、線形過渡応答、周波数応答解析を中心に解説
詳細・申込
カスタム講習会
お客様のご要望をお伺いした上で開催場所と日程を決定
詳細・申込

過去のWEBセミナー

エンティティ選択を効率的に行うことで、手数を最小限でプリ(ポスト)処理を行うことができます。 当セミナーではエンティティ選択時にピック選択や範囲選択だけではない、選択ノウハウを紹介します。

動画をみる

接触力学は、接触が起こり得る二つの固体の変形や運動を扱います。接触現象は接触発生時の急激な状況の変化や接触面の変化など極めて複雑な非線形性を持っています。このため、接触シミュレーションは計算力学における難しい解析の1つです。今後2回にわたり、以下の内容をご紹介します: • 接触解析の概要 • 接触解析がなぜ難しいか(理論とモデリング) • 接触問題に対する有限要素法のアプローチ • 解析モデル上の接触定義 • サンプル事例

動画をみる

Simcenter Nastranで解析を実行すると、Fatal Errorが発生し、解析結果を出力せずに完了してしまうことがあります。 エラーの原因は色々とありますが、どのような問題が発生したかはFatal Errorのメッセージを見ればおおよその判断がつきます。 エラーは非常に多くありますが、サポートにお問い合わせいただくものはある程度限られています。 今回は、サポートによくお問い合わせいただく解析エラーとその対処法について、簡単にご紹介いたします。

動画をみる

このセミナーでは、塑性、超弾性、クリープの材料非線形性を持つ現象について解説いたします。材料非線形における変形とひずみの関係としてTotal-LagrangianとUpdated-Lagrangianの定式化について説明します。また、降伏条件、加工硬化、変形勾配テンソルとGreen-Lagrange、Almansi、Second Piola-Kirchhoff等の有限ひずみについてや、ひずみ速度と熱依存性についても説明します。非線形材料の定義と計算条件の設定について、Simcenter FemapとSimcenter Nastranを使った事例を紹介します。

動画をみる

世の中の実現象はすべて非線形性を持っており、構造解析でも非線形性を考慮して計算することは重要です。基本的な設計では通常線形解析で十分です。変形が大きい場合、線形材料の仮定が無効である場合、または接触を考慮すべき場合は、非線形解析が適切です。 本セミナーでは非線形の構造解析を行う上での基礎的な知識を4回に分けてお伝えします。第1回目となる今回の講演では非線形解析の概要として非線形解析の適用範囲などをお話します。なお、本公演の非線形解析はプリポストにFemap、ソルバーにNX Nastran Multi-Step Structural & Multi-Step Nonlinear Kinematicを使用することを前提としています。

動画をみる

アーク溶接モデル用 熱弾塑性解析の高速計算ソルバーとして、大阪府立大学 柴原正和先生の理想化陽解法FEM(IEFEM)ソルバー専用のプリポストプロセッサ「F-WELD for IEFEM」を弊社内で開発いたしました。今回は本ソフトウェアの機能紹介をさせていただきます。「プリ処理やポスト処理で時間がかかってしまい、せっかくの高速計算を活かしきれていない」、「モデルやプロパティ等のデータ作成をもっと簡単に、ミスなく作成したい」、「プリもポストも一つのソフトウェア内で処理したい」などと感じている溶接モデルの解析に関わっている技術者様は、是非ご覧ください。

動画をみる

FemapにはFemapAPIで作成したツールが約140個用意されております。これらのツールを使うことでより効率的に作業を行うことができます。 しかしツールバー内にあるためか、その機能についてあまり認知されておりません。 本セミナーでは、カスタムツールの中から作業効率改善につながる機能について、その使用法を含めてご紹介いたします。

動画をみる

プレート要素を生成する際、どのように生成・編集していますでしょうか?Femapのメッシングツールボックスには、プレート要素の生成・編集、ジオメトリ編集に便利な機能がひとつに集約されており、通常のコマンドから操作する場合と比べ、作業効率を改善できる場合があります。しかし、メッシングツールボックスの使い方がよくわからないという方も多いようです。そこで、本セミナーでは、プレート要素の生成と編集をテーマに、メッシングツールボックスの使い方についての基礎をご紹介いたします。

動画をみる

昨年11月にV12がリリースされましたが、その前のバージョン11.4/11.4.1/11.4.2の段階でどのような機能が強化されたのか知らないまま最新バージョンを使用している方も少なくないと思います。そこで、V11シリーズの新機能を改めてご紹介します。

動画をみる

エヌ・エス・ティにはユーザー様からFemapについて様々なお問い合わせをいただきます。それらのお問い合わせ内容を元にメッシュ生成について知っていると便利と思われる操作や考え方についてご紹介いたします。

動画をみる

先日リリースされたFemap with NX Nasran v12では、期間限定でトポロジ最適化を無料でご利用できます。トポロジ最適化とは、部材のどこが設計上重要かを判断して肉を残す部分を求める構造最適化手法のひとつです。本セミナーでは、トポロジ最適化のFemapでの設定操作方法やポスト処理操作方法をご紹介いたします。

動画をみる

NSTではFemap・Nastranのほかに、熱流体解析ツールの『FloEFD』も取り扱っています。 『FloEFD』は設計者が熱流体解析を実施することを念頭に、簡単で高速かつ高精度を最大の特長としています。『FloEFD』が製品開発プロセスにもたらすメリットを、解析事例やFemap・Nastranとの連成方法を織り交ぜてご紹介します。

動画をみる

接触の模擬にはコンタクト、ギャップ要素などを使用しますが、理解した上で使いこなせているでしょうか? 本セミナーではコンタクトやギャップ要素についての機能や使用法についてご紹介します。

動画をみる

有限要素法(FEM)を日常的な設計ツールとして使用されている方は多いと思いますが、解析結果に大きく影響するメッシュ分割について、自信を持って信頼性があると言える方は少ないのではないでしょうか。Femapには、「誤差評価」という機能が搭載されており、妥当性を判断する目安となります。本セミナーでは、この「誤差評価」について、考え方や操作方法をご紹介いたします。

動画をみる

もう間もなくFemapV12がリリースされます。 そこで、新バージョンではどのように機能強化されるのか、どのようにコマンドを使用するのか分かりやすく説明致します。

動画をみる

Femapフリーボディ機能の活用法
Femapフリーボディ機能の活用法
2018年7月放送/ 34分02秒

フリーボディとは、対象とする物体に作用するすべての力を、矢印で表した図のことです。Femapには、フリーボディを確認する機能があります。選択したエレメントにおける力やモーメントを、ベクトル表示して確認することができます。 本セミナーでは、フリーボディ機能の設定方法と実設計での活用方法について簡単にご紹介いたします。

動画をみる

配管水撃力の計算とその振動評価
配管水撃力の計算とその振動評価
2018年6月放送/ 28分13秒

流体が配管を流れるとき、圧力サージやキャビテーションが度々発生し、配管に水撃力を与え、配管の不良振動や破壊につながります。PIPENETは制御器やバルブの動作、ポンプの起動・停止・トリップなどを考慮して配管流動の過渡現象をシミュレーションし、圧力サージを予測して水撃力を計算することができます。さらに、水撃力の計算結果を配管系の構造負荷に変換して、配管系の振動を評価することができます。本セミナーでは、例を通して水撃力計算、振動評価についてご紹介します。

動画をみる

グループはモデルの必要な部位だけを取り出すことができる機能です。必要な部位だけを表示、選択したり、各種コマンドと連携した要素品質チェックやアウトプットの表示など様々な用途で利用することができます。本セミナーでは、グループの基本機能と活用方法についてご紹介いたします。

動画をみる

近年、構造解析技術者の中には、解析で熱や流れ問題を取り組みたい方が増えております。しかし、「熱流体解析は難しい」や「今までの操作と違い作業フローが必要」などの不安があり、どこから始めるのは分からないと言う話をよく耳にします。本セミナーでは、Femapにアドオン熱流体解析ソフトFemap Thermal/Flowをご紹介し、例題による「従来と同じ操作方法で熱流体解析は可能」や「構造解析とデータ共有も便利」などをご説明します。

動画をみる

Femapを使用する際は、まずコマンド選択するところから始めます。実はコマンドをアイコン化したツールバーを使うと、コマンドをワンクリックで呼び出すことができます。また、ツールバーには、メインメニューにはないコマンドも含まれており、それらを使用することで、より効率的にFemapを使うことができます。本セミナーでは、各ツールバーとその使用例をご紹介します。

動画をみる

弊社ユーザー様では、レーザー焼入れにおける非定常の熱伝導解析にて、荷重条件となる熱流束の設定に非常に多くの工数を要していました。このため業務効率化を図るべく弊社では熱流束を設定するプログラムを開発致しました。そこで今回のセミナーでは、非線形モジュールAdvance Nonlinearを利用した弾塑性解析の本事例を御紹介します。

動画をみる

2017年10月と2018年2月にリリースいたしましたNSTツール集をご紹介させていただきます。 FemapおよびFemapAPIの利便性について、「工夫次第ではこういったことも出来る」という参考にもなるような内容になっております。

動画をみる

本セミナーではFemapポスト処理の中の基本操作である、「ノード値/エレメント値の変換方法」、「解析結果の座標変換方法」、「コンターレベルの設定方法」をご紹介します。

動画をみる

Femapを使用する上で避けて通れない標準ダイアログボックスがいくつかあります。Femapを効率的に使うには、その標準ダイアログボックスの活用が肝心です。今回はその中の「平面定義ダイアログ」と「ベクトル定義ダイアログ」に焦点を当ててご紹介します。モデル形状や状況に応じて効率よく定義できる方法をご提案いたします。

動画をみる

お客様からのご要望をもとにFemapをより使いやすくするための様々なカスタマイズツールを作成し、NSTツール集として提供しています。そこで、本セミナーでは、NSTツール集の中から「ポスト処理を効率化するためのツール」をご紹介いたします。

動画をみる

NX Nastran Optimizationの機能、適用事例についてご紹介いたします。

動画をみる

耐震設計に生かすCAEセミナー

動画をみる

耐震設計に生かすCAEセミナー

動画をみる

耐震設計に生かすCAEセミナー

動画をみる

耐震設計に生かすCAEセミナー

動画をみる

初めての連成解析(流体・構造連成)解析の概要説明

動画をみる

初めての連成解析(流体・構造連成)配管流体解析の説明

動画をみる

初めての連成解析(流体・構造連成)配管構造解析の説明

動画をみる

初めての連成解析(流体・構造連成)津波流体解析の説明

動画をみる

初めての連成解析(流体・構造連成)津波構造解析の説明+まとめ

動画をみる

<Femap機能紹介 フィーチャ修正機能>穴径、フィレット、リブなどの形状の変更を1ボタンで行うことができます。

動画をみる

スーパーエレメントを利用した<計算時間の短縮>と<FEMモデルのセキュリティ対策>

動画をみる

Femap裏技1
Femap裏技1
9分02秒

オンラインヘルプの活用・[モデル情報]ウィンドウの活用・マウス操作・大規模モデルのハンドリング

動画をみる

Femap裏技2
Femap裏技2
4分25秒

モデル表示視点のコントロール・モデルの詳細パラメータの確認・解析諸元の単位換算

動画をみる

Femap裏技3
Femap裏技3
4分53秒

ジオメトリモデリング

動画をみる

Femap裏技4
Femap裏技4
7分13秒

FEモデリング・ポスト処理

動画をみる

v10~v10.1の機能拡張紹介

動画をみる

v10.1.1~v10.3の機能拡張紹介

動画をみる

v11の機能拡張紹介

動画をみる

v11~v11.1.2の機能拡張紹介

動画をみる