OPTISHAPE-TS

構造最適設計プログラム

OPTISHAPE-TS 製品概要

設計・製造上の様々な要件を満たし、軽い構造、強い構造、振動特性の優れた構造などを提案してくれるソフトウェアです。
開発初期の設計構想段階から、既存製品の改良等の詳細設計まで、色々な場面で活用されています。
最適化結果形状は、CADモデル生成ソフトウェア「S-Generator」を使って容易にCADへ渡すことが出来ます。
開発元:株式会社くいんと

OPTISHAPE-TSの特長

  • 構造最適化に必要な各種有限要素ソルバーを内蔵
  • 用途に合わせた各種最適化機能を搭載
  • ユニークな力法による形状最適化は、ドラスティックな形状変化も可能
  • 並列化処理により最適化計算を高速化

OPTISHAPE-TS 製品詳細

機能紹介

最適化機能

位相最適化

与えられた設計領域内の最適なレイアウト(部材配置)を求めます。設計初期段階や大幅な設計変更などを行う際の設計案検討に有効な機能です。

逐次外表面位相最適化

外側から削るように位相最適化を行い、空洞のない最適なレイアウト提案します。空洞になっては困る鋳造品などの設計、また既存部品の改良(軽量化)などに有効な機能です。

型抜き位相最適化

指定した方向に型抜き可能な最適構造を提案します。金型で成型するような構造物の設計に有効な機能です。

レベルセット法形状最適化

位相最適化とノンパラメトリック形状最適化の中間的な最適化手法です。位相最適化のような中空構造にはなりにくく、形状最適化よりも抜本的な位相形態の変化が可能な機能です。

ノンパラメトリック形状最適化

節点を移動してメッシュモデルの表面形状を変化させ最適な形状を提案します。ユニークな力法による形状更新手法により、ドラスティックな形状変化が可能です。設計・製造要件を考慮し、多くの目的・制約条件を設定できるので、詳細設計や既存部品の改良など、様々な設計段階でご利用いただける機能です。

ビード最適化

シェル要素に対して最適なビードレイアウトを提案します。

ポストプロセッサ

TS Studio

  • 最適化パラメータの設定
  • 解析モデル/解析結果の表示
  • 最適化結果の表示
  • 形状拘束用MPCの作成
  • ボクセルメッシュの作成

有限要素解析機能

  • 静弾性解析(接触・慣性リリーフ含む)
  • 固有振動解析
  • モーダル周波数応答解析
  • 定常熱伝導-静弾性連成解析機能
  • 固有値座屈解析
  • 構造-音響連成解析
  • 大変形解析(接触含む)
  • 疲労強度解析

データ形式

入力データ

  • Nastran Bulk Data File
  • ANSYS CDB File (付属のI/F使用)

出力データ

  • Nastran Bulk Data File
  • Nastran OUTPUT2
  • Nastran DVGRID Data
  • Femap Neutral File
  • I-deas Universal File
  • ANSYS RST File
  • ANSYS CDB File
  • STL File

付属プログラム

  • TS Studio:専用ポストプロセッサ
  • TSナビゲータ:解析実行/各種ツールの起動
  • TSグラフ:目的関数・制約関数の推移をグラフ表示
  • TSスケジューラ:ソルバー自動実行支援ツール

OPTISHAPE-TS 動作環境

対応OS ・Windows 10 (64bit)
≪くいんとライセンスシステム (FLEXnetPublisher)≫
【推奨動作環境】
●Windows 10[32/64bit]
●RedHat Enterprise Linux 6,7[64bit] ※オプション
●SUSE Linux Enterprise 11,12[64bit] ※オプション
CPU Intel CPUを推奨
メモリ 4GB 以上
ハードディスク 3GB 以上
グラフィック環境 OpenGL 2.0 以上かつグラフィックボード環境を推奨

OPTISHAPE-TS体験版

フル機能が使える30日間無償体験版は弊社お問い合わせよりお申し込みいただけます。