Femap

汎用有限要素法 プリ・ポストプロセッサ

Femapの過去のバージョンについて

Femap 製品概要

Femapは、Windows上で動作する有限要素法(FEM)解析のプリ・ポスト機能を提供するソフトフェアです。

無駄のない作業環境

ジオメトリの作成/修正から、有限要素モデルの作成、ポスト処理までの一連の作業を統合して行うことができ、効率がよく無駄のない作業環境を提供します。

汎用性が高く、中立的な立場でCAEを包括出来る

数多くのCADデータ、ソルバーに対応したインターフェイスを兼ね備え、汎用性の高さから、中立的な立場でCAEを包括することができ、解析ソリューションの中心的な存在として用いることも可能です。

全世界で使用される高い実績と信頼性

全世界において、自動車、造船、航空機、重工業、建築・建設、精密、電機など多岐にわたる産業で用いられており、その実績と信頼性の高さから多くのエンジニアに選ばれ続けています。数多くあるプリ・ポストプロセッサの中で、Femapは、リーズナブルな上に高機能で使いやすいソフトウェアとして、確固たる地位を確立してきました。

20年以上常に最先端を行く機能

誕生してから20年以上が経過した現在でも、使いやすさと性能の向上をめざし機能拡張を行なっています。64-bit環境にも対応しており、大規模モデルに対応可能です。

Femapの特徴

  • 充実したCAD/解析プログラムインターフェイス
  • 使いやすさを追求したユーザーインターフェイス
  • 高速に高品質なメッシュを生成
  • 多彩で効果的な結果表示機能
  • 効率よく有限要素モデルを作成
  • 高度なカスタマイズ機能

製品の詳細については、製品詳細をご覧ください。

最新バージョン(2020.1)

ユーザーインターフェイスの強化

CBUSHの要素座標系表示追加

他の要素座標系に加えてCBUSH要素の座標系を表示できるようになります。


アイコンを一新

1600超のすべてのアイコンを一新します。最近のトレンドとカラーを取り入れることにより、親しみやすく学びやすいデザインになります。


[パレット]ボタンへのカラー表示機能追加

ユーザインタフェース全体を通して、現在指定しているエンティティカラーを確認できるようになります。[パレット]ボタンに指定中のカラーやパターンがプレビュー表示されます。


桁数制御機能の拡張

桁数制御のためのダイアログが追加され、桁数指定以外にも指数や有効桁数などを指定できるオプションが追加されます。基本はエンティティごとに設定を行い、初期設定を参照させることもできます。また、初期設定では全体的な数値表記方法についての設定が可能になります。


[標準ダイアログボックスから選択]アイコンを追加

チェックボックス付きの複数選択ダイアログボックスに[エンティティ選択]ダイアログへアクセスするためのアイコン を追加します。


プリ処理機能の強化

フィーチャ編集機能強化

[フィーチャ編集]ツールに[スマート選択]オプションが追加されました。 [スマート選択]オプションを指定することで、選択したサーフェスに関連するサーフェスが自動選択されます。例えば、[同一]オプションでは同一平面上の平面が、[同心]オプションでは同心の円筒面などが認識されます。


エレメントエッジに沿ったスウィープ機能の改善

V2019.1より追加されたエレメントエッジに沿ってスウィープする機能がより便利になりました。 今回追加された[ノードを隣接するエレメントにマージ]オプションでは、スィープ時に生成されたエレメントと既存のエレメントのノードをマージするかどうかを指定することができます。 また、スイープを沿わせるメッシュを表示しているものだけに制御する[スィープを可視メッシュに制限]オプションも追加され、不要なノードの共有を回避できます。


メッシュ同士の干渉チェック機能の追加

断面形状を考慮した線要素、厚さを考慮した平面要素およびソリッド要素間の干渉をチェックし、干渉している要素はハイライト表示されます。 また、グループ化するオプションも提供されます。


ワッシャ機能の強化

メッシングツールボックスのジオメトリ編集でワッシャを生成する際に、ベクトルやカーブから分割線の方向を指定できる[位置揃え]オプションが追加されました。


4面体ソリッドメッシュ生成の際のマージオプションの追加

新しく生成されるメッシュのノードを既存のメッシュのノードとマージするオプションが追加されました。 [3..すべてのノード]ではモデル全体でマージが行われ、過度なマージが起こることがありますが、今回追加された[2..Into Model]では、新規生成されたノードと既存モデルとの接続部のみマージが行われるので、過度なマージを防ぐことができます。


モデル間のマージ可能なエンティティの追加

モデル間のマージ可能なエンティテタイプにテーブルと解析スタディが追加されました。


1次・2次の要素を接続するオプションの追加

ノードをマージする際に、接続している1次・2次要素を適正に更新することが可能になりました。 1次・2次要素が接続している箇所で、2次要素側の中間節点を削除します。


荷重・拘束セット間でのコピーオプションの強化

モデル情報ツリー上でマウス右クリックにより表示されるメニューから、荷重・拘束定義を複数セットに対してコピーできるようになりました。


ポスト処理機能の強化

アイソサーフェス表示にキャップ機能追加

単一のアイソサーフェスの端部に「キャップ」を表示する機能が追加されます。トポロジー最適化の結果表示に便利な機能です。


エレメント出力のアウトプットベクトルIDを変更

多くのエレメントタイプに対して、新しいアウトプットタイプのサポートを可能にするために、アウトプットベクトルIDを変更します。2019.1までのバージョンのモデルを開く、あるいはニュートラルファイルをへインポートする場合、アウトプットベクトルIDは自動的に更新されます。


Simcenter Nastranのサポート

大規模モデルへの対応

  • 8桁を超える大きなIDをサポートしました。
  • Monitor Pointsへの対応
    Monitor Points (MONPNT1、MONPNT3)の作成、読み込み/書き出しができます。
  • DMIG エンティティへの対応
    DMIGをFemapのマトリックス入力エンティティとして内部化します。また、パンチファイルに出力します。

新しい非線形制御オプションの追加(SOL401、402)

  • サブケースの終了時点、または最後に収束した時間ステップからリスタート解析ができます。(SOL401、402)
  • パラメータのデフォルトを決めるSimcenter Nastran のバージョンを指定できます。(SOL402)
  • 特定の機械的荷重の無効化ができます。(SOL401)

他ソルバーへの対応

MSC Nastranインターフェース

  • 大規模モデルへの対応
    8桁を超える大きなIDをサポートしました。
  • Monitor Pointsへの対応
    Monitor Points(MONPNT1、MONPNT3)の作成、読み込み/書き出しができます。
  • DMIG エンティティへの対応
    DMIGをFemapのマトリックス入力エンティティとして内部化します。また、パンチファイルに出力します。
  • その他
    ・MSC Nastran Thermal BCTABLEコンタクトパラメータのHCT、HCV、HNC、BNC、EMISSをGUIでサポートします。
    ・ 動的ソリューションで、さまざまなNastran出力値をサポートします。

ANSYSのインターフェース

  • 複数の加振力(自己PSDおよびクロスPSD) をサポートします。
  • モデルの部分書き出し
    指定したグループのモデルのみ書き出すことができます。
  • その他
    ・可変板厚シェルをサポートします。
    ・要素選択コマンド (ESEL) と節点選択コマンド (NSEL) のサポートがより完璧になります。

LS-DYNAのインターフェース

  • モデルの部分書き出し
    指定したグループのモデルのみ書き出すことができます。
  • その他
    可変板厚シェルをサポートします。
    ビームELFORM=13(チモシェンコ梁)をサポートします。

ABAQUSのインターフェース

  • インポート
    ・CONNECTOR SECTIONタイプのBUSHING、BEAMのインポートが追加されます。
    ・BUSHING 要素は適切なプロパティ情報とともにCBUSHとしてインポートが追加されます。
    ・BEAM要素はすべての方向で高い剛性を持ったCBUSH要素としてインポートが追加されます。
    ・CONTACT PAIR、SURFACE INTERACTION、SURFACE DEFINITIONは名称を維持してインポートできます。
    ・DLOAD 、TRVEC のインポートが追加されます。
    ・軸外の回転慣性値のインポートをサポートします。
  • エクスポート
    ・大規模なモデル (エンティティID 9桁)に対応します。
    ・DLOAD, TRVECは圧力荷重でエクスポートされます。
    ・名称がついていないサーフェスのコンタクトサーフェス名は 10 進数ベース の名称になります。

→旧バージョンについての情報はこちら


サポートサービス

弊社から製品を新規ご購入いただいたお客さまおよび保守サービスをご契約いただいているユーザー様へ、製品を有効にご利用いただく、もしくは有用な情報を提供することを目的として、講習会・セミナーの開催(イベント・セミナーへ)、ユーザーサポートの提供(サポートについてへ)を行っています。

弊社は、15年以上にわたるFemapの販売とユーザーサポートを通して豊富な経験とノウハウを蓄積してきました。この実績を基に、ユーザーの皆様にご満足いただける質の高いサポートをご提供していきます。

※製品の価格については、お問い合わせください。

Femap 製品詳細

Femap 動作環境

ライセンス形態

Femapには2つのライセンス形態が用意されており、ワークスタイルに応じて選択いただけます。

スタンドアローン版 ライセンス認証にセキュリティデバイス(USBキー)を使用する製品です。
セキュリティデバイスを付けているWindows PC 1台上でFemapを利用できます。
ネットワーク版 ネットワーク環境下でライセンスを共有する製品です。
所有ライセンス数に応じてネットワーク内の複数台のWindows PCでFemapを利用できます。
ライセンス管理に一般的なWindows PC 1台をライセンスサーバーとして利用します。

動作環境

OS スタンドアローン版 ・Windows 7 SP1 (64bit)
・Windows 8.1 (64bit)
・Windows 10 (64bit)
ネットワーク版
クライアント、
ライセンスサーバー
・Windows 7 SP1 (64bit)
・Windows 8.1 (64bit)
・Windows 10 (64bit)
・Windows Server 2008R2/2012/2012R2 (64bit)
CPU Intel x86互換64bit CPU (Intel 64, AMD 64)
メモリ 4GB 以上 (推奨 8GB以上)
ハードディスク 最小セットアップ 1GB
最大セットアップ 4GB
※推奨 ソフトウェア使用時 100GB以上の空き
グラフィックス OpenGL 対応
※推奨 ワークステーション向け OpenGL 4.2以上
OS スタンドアローン版 USBポート
ネットワーク版 ネットワークカード

※詳細はお問い合わせ下さい。

Femap 製品構成

Femapをご購入されたお客さまに、以下の製品とサービスを提供しております。

標準パッケージ

製品
(DVD-ROM)
・ソフトウェア(Femap, NX Nastran, Thermal, Flow)
・標準のオンラインドキュメント(PDF, html)
 《新機能、コマンドリファレンス、ユーザーガイド、付録E、例題集》
・例題集のサンプルデータ

保守サービス

◇バージョンアップ
保守契約期間内にリリースされる新バージョンをお届けいたします。

◇サポート
メール/FaxによるFemapのQ&Aを行っております。(原則として電話によるサポートはしておりません。)
Femapに関する操作方法などについてご質問に回答いたします。
保守契約期間中は、回数制限はありません。

※以下に関するご質問、ご依頼は標準サポートの対象外となります。ご了承ください。
・ Femap APIプログラムの作成代行、動作チェック
・ Femapプログラム(コマンドマクロ)の作成、動作チェック
・ モデル作成の代行に該当するご質問

Femapへの乗り換え

Femap(Femap with NX Nastran)へ移行することで以下のようなメリットがあります。

保守継続費用の大幅な削減につながります。

価格については弊社営業担当までお問い合わせください。


機能面でのメリット

① 大規模モデルへの対応はI-DEAS以上です。
FemapはWindows 64bitネイティブをサポートしていますので、互換モードで動作するI-deasとは異なり、64bitのメモリー空間をフルに利用可能です。そのため、大規模FEモデルを扱う場合、大幅なメリットが得られます。

② 異なるモデルの形状や結果が比較できます
一つのライセンスさえあれば、複数ウィンドウを使用して別々のモデルを表示することができます。また、別々のモデルについての変形図、アニメーション、コンター図、グラフ等を同時に比較することができます。

③ 図表のドキュメントへの貼付が容易に行えます
カット&ペーストにより、画像データのWord等への貼付やグラフデータ(XYデータ)のExcel等への数値貼付ができます。

④ 結果値のランキングが表示できます。
応力値の大きい要素や過渡解析での各要素の最大応答などをリスト出力することができます。

⑤ フリーボディの表示ができます。
静解析を行った時のモデル内の任意のノードにおける力やモーメントの状態を表示することができます。

⑥ モード解析の外力応答計算がオプションなしで出来ます。
固有値解析の結果(モード特性)を用いて、外力による周波数応答計算ができます。固有値解析結果はどのソルバーのものでもかまいません。この計算には別のソルバーは必要ありません。

⑦ エンベロープ処理ができます。
この機能により複数荷重ケースにおける各要素解析結果の最大最小値および対応荷重情報を出力し、疲労解析に役立ちます。

⑧ アンドゥ/リドゥ機能が充実しています。
最大90回までの操作取り消し/再実行が全ての機能について行えます。


FemapとI-deasの主な機能比較

Femap(Femap with NX Nastran) I-deas MasterFEM
ユーザインターフェース 日本語に対応しており、VBA、VB、C、.NETでのカスタマイズが可能。 日本語に対応しており、カスタマイズが可能。
モデルの移動・回転など カーソルの位置で回転モードが自動で切り替わる。*オプション設定 カーソルの位置で回転モードが自動で切り替わる。
アセンブリ表示、構成 部品の構成管理はできない。1つのFEモデルとなる。 ADの情報を維持したままFEMアセンブリを定義可能。
操作の取り消し/再実行
(Undo/Redo)
最大90回までの処理が可能。 特定の作業中のみアンドゥ可能。
ジオメトリ作成機能 ソリッドおよびサーフェス形状作成については、一般的なモデリングが可能。中立面抽出については複雑形状にも対応している。 I-deas CADと完全統合しているので、それらの機能が活用できる。中立面抽出については複雑形状にも対応している。
メッシュ作成機能 CAD形状データから作成でき、メッシュ作成・設定方法が非常に簡単。リファイン(細かくする)はできるが、コースニング(粗くする)はできない。 CAD形状データから作成でき、メッシュ作成・設定方法が非常に簡単。リファイン・コースニングとも可能。
メッシュ品質チェック 機能が充実しており、エラー部だけを保存する事が可能。干渉チェックの機能はない。 チェック結果を自動的にグループへ出力できる。干渉についてもチェックが可能。
単位系 単位系はユーザで管理する。 標準単位系を複数用意。ユーザ定義単位系も可能。
解析条件設定 材料定義、プロパティ定義は簡単に設定可能。 材料定義、プロパティ定義は簡単に設定可能。また、別途、材料ライブラリを購入可能。
複数モデルの同時表示 1ライセンスで異なるモデル表示が可能。 1ライセンスで異なるモデル表示は不可能。
64bit対応 ネイティブモードで動作。 互換モードで動作。
接触定義 ジオメトリ、メッシュベースでの接触定義が可能。 ジオメトリ、メッシュベースでの接触定義が可能。また、I-deas Model Solution(ソルバ)では、形状面で接触判定を行うことも可能。
ポスト処理 変形、コンター、アニメーションなどは機能が充実しており操作も簡単。XYプロット(グラフ)表示が可能。 変形、コンター、アニメーション、XYプロット(グラフ)表示などは機能が充実しており操作も簡単。

Femapへの乗り換えをご希望される場合、また、さらに詳細な機能比較やご質問等につきましてはお問い合わせください。

Femap サブスクリプション