高層建物周囲の風の流れ

Femap Flow,GLview Inova

事例概要

高層建物が建設されることにより、その周りの風環境が変わります。高層建物に風が直角に当たると、流れは建物頂部と両サイドに廻り込んで、背面の負圧に吸込まれて風速が加速し、渦や吹き降ろしなどが発生します。本解析例では、Femap Flowを用いて高層ビル単体およびビル群での風の流れのシミュレーションと流れの可視化を紹介します。 建物は30階高層ビルモデルを利用し、高さ方向の風速分布は建築工学に良く用いられている指数分布式 を使用しました。

製品に対してのご質問、製品導入のご相談等は、お問い合わせフォーム または 東京本社 へご連絡下さい。