クラスタマシンによる大規模モデルの解析

NX Nastran SOL101/SOL103

事例概要

NX Nastranの分散メモリ並列処理機能(DMP – Distributed Memory Parallel)により、大規模モデルの解析を低コストで、高速処理することができます。 本解析例では、シングルマシンから4クラスタマシンまでを使って電車車両モデルの静解析と固有値解析を実行し、並列計算時間を確認しました。

 
 

解析結果とクラスタ解析の効果を示します。

 

 
 

下記に示すようにクラスタマシン並列計算によって計算時間を短縮できることがわかります。また、モデルの規模が大きくなるほど、クラスタ化の効果が高くなります。4 クラスタマシンを使用する場合、静解析最大4.5、固有値解析最大10 の計算倍率が得られます。

製品に対してのご質問、製品導入のご相談等は、お問い合わせフォーム または 東京本社 へご連絡下さい。