ローターダイナミクスによる安定性解析

脱水槽の挙動

事例概要

洗濯機で脱水すると、脱水槽が激しくガタついた後、安定した回転になります。これは危険速度を通過するためで、静粛性などの検討に不可欠な要素です。本解析例では、脱水槽をモデル化し、停止状態から定常回転状態(秒速5回転)までの運動を時刻歴で計算してみました。
 
脱水槽はスプリング(非対称形状)で支持されており、非対称な構造です。

spinup

spinup2

製品に対してのご質問、製品導入のご相談等は、お問い合わせフォーム または 東京本社 へご連絡下さい。