三菱ケミカル株式会社 様

※2017年4月1日から社名が三菱樹脂株式会社から三菱ケミカル株式会社に変更になりました

アルポリック®事業

当社の複合材事業部では、アルミ樹脂複合板「アルポリックR」の製造・販売をしております。アルポリック事業は、1971年に看板・住宅資材用途より開始し、以来40年以上もの間、様々な用途に使われております。1990年代以降、アルミニウムの代替として建築・土木用途への適用が本格的に開始され、現在では国内はもとより世界130ヵ国を超える国々の主要なプロジェクトで採用されております。今後も、アルミ樹脂複合板のリーディングカンパニーとして、アルポリックはお客様の様々な要望に応えてまいります。
 
アルポリック®の詳しい情報は専門サイトでご覧いただけます。http://www.alpolic.com/japan/

 

Marina Bay Sands 55,000㎡

アルポリック®の素材構成

アルポリック®の特徴

軽量性・高剛性

同等の剛性や厚みを持つ金属板に比べて軽量化が図れます。

平滑性

薄板のアルミ単板や他の金属単板では難しいとされる、高い平滑性を発揮します。

防火性

国土交通省認定の不燃材料や準不燃材料、諸外国の防火基準をクリアした製品シリーズを取り揃えています。

意匠性・塗装品質

特殊塗装コーターにより、安定した塗装品質を実現。印刷技術を応用した石目柄、木目柄などの意匠も可能です。

耐食性・耐候性

フッ素樹脂塗装を施すこともでき、沿岸地域を含めた厳しい環境下で優れた耐候性を発揮します。

加工性

切断、曲げ、接合等の加工が容易に行えます。

耐衝撃性

ケイカル板や樹脂板等と比べ破壊しにくく、耐衝撃性に優れます。

遮音性・振動減衰性

金属単板と比べて、振動減衰性に優れます。さらに同一重量で比較した場合、遮音性にも優れます。

保守・経済性

製品の高い耐久性とメンテナンス性が、ライフサイクルコストを低減します。

リサイクル性

アルポリックはリサイクル可能な素材です。

Q&A

解析を導入する以前の業務状況を教えてください。
当社では、アルポリックを安全に使いこなして頂くための技術サービスをお客様に提供しております。 特に建築・土木用途においては、パネルの要求性能に関する相談が数多くあり、安全でスピーディーな対応が必要となります。
解析を導入するきっかけや解析を必要と感じた理由を教えてください。
アルポリック加工製品の取り巻く状況は、ますます大型化・複雑化・コスト低減化が進んでいくと予想されます。今後もお客様の要望に応え続けていくためには安全でスピーディー且つ価格競争力のある提案が必要であり、CAEを導入しております。
解析を導入したことによる業務効率の変化を教えてください。
CAE導入によって、従来より迅速かつ高精度の解析データをお客様のもとへ提供できるようになりました。
製品に対してのご質問、製品導入のご相談等は、お問い合わせフォーム または 東京本社 へご連絡下さい。