CAE・有限要素法解析をとおして貴社を支援します

login

製品情報

MADYN 2000 製品概要

MADYN 2000はスイスのDELTA JS社で開発された、広範囲に適用できるローターダイナミクス解析プログラムです。
磁気軸受を含むさまざまな軸受を持つ一般的なローター-ギア-軸受システムの曲げ、捩じり、及び連成解析に適しています。

MADYN 2000は、小型の自動車用ターボチャージャーから数百・数千メガワットの発電所の大型軸列まで広範囲のローターをカバーします。また、MADYN 2000の磁気軸受モジュールは、産業界の要求により開発された機能です。 MADYN 2000は、ローターダイナミクス解析特有の要求にフォーカスしたソフトです。他の同種のソフトに比べて以下のような独自の特徴があります。

・ギアによって生じる曲げ、捩じり及び軸方向振動のカップリングが考慮できます。
・実システムと同様の立証された制御要素により磁気軸受をモデル化するので、
   ローターと磁気軸受により構成される全体システムの安定性解析(反復解法ではない)が可能です。
・実験や有限要素解析による伝達関数を用いて支持点間の軸受支持剛性やカップリングが考慮できます。
・非線形流体軸受特性が計算でき、過渡解析で使用できます。

特徴

■MADYN 2000は使いやすいグラフィカルインターフェースをもっています。
・モデル作成
・荷重定義
・解析の定義と実行
・結果の選択と表示


■MADYN 2000はオブジェクト指向のデータ構造をもちます。
・軸受、シャフト、ギアや全情報を含むシステムが独立したオブジェクトとして扱える
・軸受とシャフトのようなパーツのモデルの組み立てやマウントが容易
・適切なディレクトリにオブジェクトを保存することによって、シンプルにライブラリを作成


■表示は分かりやすく、全ての重要なデータを含んでおり、非常に複雑な情報の表示のためのオプションを提供します。
・様々な階層レベルでのモデルの表示:ベアリング、シャフト、組み合わされたギア、システム
・力とモーメント、応力と変形の表示(シャフト軸に沿った結果)
・分かりやすい時間変化の形状の表示
・曲げについての固有モード: オプション(方向の選択、軌道の主軸、相対的な振動)
・固有振動数の種々の表示
・パラメータ変動結果の種々の表示
・過渡応答結果の時刻歴表示


■システム・オブジェクトはすべての情報(モデル、荷重、解析パラメータと結果)を含みます。
実装されているシステムエクスプローラによりローターダイナミクス解析の全てのステップはコントロールされ、システムの変更などは知的に管理されています。例えば、モデルが変わったときに、その変更により本当に影響を受けた結果だけが削除されます。


MADYN 2000 製品詳細

  • モデリング機能
  • 解析機能
  • 流体軸受
  • 磁気軸受

モデリング機能

MADYN 2000にはユニークなモデリング機能があります。

・捩じり、曲げ、軸方向の連成解析のためのローター-ギア-軸受システム
・全ての軸受タイプ:
   バネ-ダンパ、流体軸受
(あらゆるパッド角・曲率中心を持つ固定パッド、あらゆるパッド角・曲率・指示角を持つティルティングパッド)、
   浮動リング軸受、磁気軸受
・動的な特性を持つ軸受支持(バネ-ダンパー-マス、実験や有限要素解析による伝達関数)
・伝達関数による支持方法、方向、それぞれのカップリング
・フレキシブルなカップリング
・流体係数
・重心からオフセットしたマスの弾性マウント
・異なる材料の重複シャフト断面(例えば、モーター巻き線のモデル化)
・応力計算のための切込み要素の考慮
・温度依存性材料
・位置の一般表示による標準およびシステムに依存しない荷重の定義
・フレキシブルなインターフェース経由によるアスキーファイルからのローターデータ読み込み

解析機能

MADYN 2000は強力な解析機能を持っています。

・静解析:
   力、ギア、重量負荷、ミスアライメント(流体軸受のジャーナル位置も考慮されます)
・減衰固有振動数
・アンバランス、力、モーメントおよびベース加振に対する調和応答
・力、モーメントおよびベース加振に対する過渡応答:
   トルクはランアップシミュレーションに対する回転速度の関数として定義できます。非線形流体軸受が考慮できます。
・パラメータ変動:
   不減衰危険速度マップ、キャンベル線図、軸受剛性や減衰の変動、連成剛性の変動

流体軸受

流体軸受解析には以下の特徴があります。

■さまざまな手法によるジャーナル位置と線形ローターダイナミクス係数の解析(静的釣り合い)
   ・一定の平均油膜温度
   ・油膜温度変動(エネルギー方程式の解を含む)
   ・DIN31657に準拠した解析

■非線形軸受特性の解析

■以下の効果の考慮は解析のタイプによって可能です。
   ・キャビテーション領域における二層流
   ・乱流

■ゾンマーフェルト数に依存する無次元データの読み込み

■アスキーファイルからの次元をもつデータの読み込み

磁気軸受

磁気軸受解析には以下の特徴があります。


  • ・ 定義済の実測データに基づく制御構成要素による周波数領域における制御系の設計(デジタルだけでなくアナログも)
  • ・ 同期軸受特性のモデリング(例えば、アンバランス力補償制御)
  • ・ あらゆる位置に対するセンサーやアクチュエータのモデリング
  • ・ 傾きモードと並進モードの分離制御や一般的なMIMO制御に対するティルティング制御のモデル化のためのセンサーやアクチュエータの任意の組み合わせ
  • ・ ISO 14839-3に準拠した感度の計算

MADYN 2000 動作環境

OSWINDOWS XP(SP3), WINDOWS Server 2003(SP2, SPR2), WINDOWS Vista(SP1, SP2)
WINDOWS Server 2008SP2, SPR2), Windows 7
CPUすべてのIntel 又は AMD x86(SSE2命令セットをサポートしているもの)
メモリ2048MB以上を推奨
ハードディスク10GB以上を推奨
グラフィックス解像度:1200×1280以上、ワイド画面(例えば1200×1920)を推奨

MADYN 2000 製品構成

製品構成

BASIC基本的なモデリング機能、静解析、固有値解析、周波数応答解析ならびに過渡応答解析機能、各種グラフ及び変形図等の表示機能
Fluid Film Bearings
(オプション)
流体軸受のモデリング機能 (他ソースからの特性の取り込みはBASICでも可)
Nonlinear Fluid Film Bearings
(オプション)
非線形流体軸受による過渡応答解析
Magnetic Bearings
(オプション)
磁気軸受のモデリング機能

ライセンス形態

ノードロック版インストールしたコンピュータのみでMADYN 2000を使用できます。
ネットワーク版ライセンス数に応じてネットワーク内のコンピュータでMADYN 2000を使用できます。
Nonlinear Fluid Film Bearings
(オプション)
非線形流体軸受による過渡応答解析
Magnetic Bearings
(オプション)
磁気軸受のモデリング機能