流体が配管を流れるとき、圧力サージやキャビテーションが度々発生し、配管に水撃力を与え、配管の不良振動や破壊につながります。PIPENETは制御器やバルブの動作、ポンプの起動・停止・トリップなどを考慮して配管流動の過渡現象をシミュレーションし、圧力サージを予測して水撃力を計算することができます。さらに、水撃力の計算結果を配管系の構造負荷に変換して、配管系の振動を評価することができます。本セミナーでは、例を通して水撃力計算、振動評価についてご紹介します。