解析結果のレポートを作成する際に、「画像の大きさを指定したい」と思ったことはありませんか?

本セミナーでは、Femapで画像を保存する際の画像サイズを指定する「解像度オプション」をご紹介します。

さらに、その設定をFemapAPIで設定を行う方法、そしてFemapAPIで「ウィンドウサイズを変更する」機能を組み合わせた、簡単に画像サイズの設定を行うAPIプログラムの例をご紹介します。プログラムの内容の解説もございますので、今までFemapAPIをお使いになられたことがない方でも簡単に解像度オプションを操作することができます。