座屈はある荷重を到達すると構造物初期変形モードが不安定になり、別のモードへ急激に移行する現象である。部材または構造物は材料強度に到達する前に座屈による不安定状態が起る。この座屈現象を十分理解した上で構造設計を行う必要がある。Nastranの座屈解析には、線形座屈や大変形弾塑性座屈など様々の解析方法がある。本セミナーでは、Nastranの座屈解析機能概要を紹介し、例題で各種境界条件下の線形座屈解析手法を解説する。