水晶振動子の振動解析及び計算結果の座標変換

NX Nastran SOL109

事例概要

水晶振動子は、昔から電子や通信機器分野で周波数制御用電子部品として利用されてきました。水晶の材料特性から、切断角(カット)が多く存在し、色々な振動モードがあります。高精度、小型化、衝撃に対する強度などが要求され、さらに振動子支持法が難しいことや主振動の近傍に不要振動モードが存在することから、CAEは必要なツールとなります。本解析では、よく使われる水晶振動子の計算例を紹介します。

製品に対してのご質問、製品導入のご相談等は、お問い合わせフォーム または 東京本社 へご連絡下さい。