パイプの曲げ加工解析

Femap with NX Nastran / Multistep Nonlinear Solver

事例概要

パイプの曲げ加工は工業でよく使っているプロセスの一部です。パイプ曲げは、常温で扁平することなく滑らかな曲げ加工です。力源により手動、電動、油圧式がある。こちらには、手動のタイプの曲げ加工の解析を表示しています。このモデルではSimcenterNastranマルチステップ非線形キネマティック(SOL402)ソルバーで接触と材料非線形を含めて解析を発生しています。

動作ムービー

製品に対してのご質問、製品導入のご相談等は、お問い合わせフォーム または 東京本社 へご連絡下さい。