圧力サージの抑制方法検討

PIPENET

事例概要

PIPENET VISION Transientモジュールでは、ポンプトリップによる圧力サージの抑制方法を検討できます。
本解析では、GRPパイプの冷却水システムのモデルを用いて、20秒後のポンプトリップによる圧力サージを再現したのち、抑制対策を検討しました。

製品に対してのご質問、製品導入のご相談等は、お問い合わせフォーム または 東京本社 へご連絡下さい。